成人の日に思う事

成人式に参加したはずだけど、本当に成人式に参加したんだっけ?

いつきです。

今日は成人の日らしい。

休日故に引き籠もっているし、式典会場と思われる場所からも遠い所なので
新成人と思われる人達を見る事はない。

■私が成人式に参加した頃を思い出してみる

とは言ったものの、上記の通りあまり覚えていない。

というのは、式典そのものは10分程度で終わり、これと言った出し物もなく、暴れる連中もおらず、式典後すぐに帰ったからである。

式典後に各中学の同窓会があるのが『普通』らしいが、友達がいない私には縁が無かったようだ。(本当に無かったのかもしれないが)

本当になんで出たんだろう。出るのが『普通』だと思っていたのと、親のためだったのだろう。



■市町村長より役に立つ、新成人へのメッセージ

このブログはGoogleアナリティックによると、10代、20代は殆ど見ていないようだが、彼ら彼女らへのメッセージを書きたいと思う。

各成人式で、市町村長やそれに類する人物がスピーチをするだろうが、それよりも役立つ内容である事だけは断言する。(彼らは新成人に役立つスピーチをしようと思っていないだろうけど)

勿論、米国株ブログなのでその関係の話である。

私が成人式に出た頃のS&P500の数値を調べてみたら約1,200だった。

丁度インターネットバブル(ドットコムバブル)がはじけた後の一段落した所なので、後から歴史を見れば、投資するには良いタイミングだったようだ。

S&P500も当時と比較すると現在はその約2倍(これでも凄いが)だが、当時SPY(S&P500連動のETF)を買って現在までほったらかしでも、評価額は3倍になっている。

仮に同銘柄に毎年1万ドルずつ積み立てたとすると、40万ドルになっている。

※何れも、Backtest Portfolio Asset Allocationによる

当時、普通の日本人がSPYを買う手段があったのかは分からないが、仮にあったとしても、残念ながら当時の私はそれを知らなかった。

私が今40万ドル持っていない理由は、シンプルに『知識が無かったから』だ。ただそれだけである。(20歳から現在に至るまで毎年1万ドルを追加投資することは可能だった)

勿論、私の周りにもそれを知る人はいなかっただろうが
そんな事は関係無く『知識』と『時間』はこれほどの圧倒的な差を生んでしまう。

ポジティブに見れば、知っているというのは素晴らしい事だが
ネガティブに見れば、知らないというのは恐ろしい事なのだ。



さて、翻って現在である。

言うまでも無く、誰でもSPYを買える。
他にもっと良い銘柄(同目的ならVOO,IVV、他にもVHT,VDC等)もあるだろう。
しかも、上記を教えてくれる人は山ほどいる(私もその一人である)し、そういう情報へのアクセスも当時と比べればはるかに容易だ。

本当に今の成人が羨ましい。若いから羨ましいのではない。
残された時間が多いのと有益な情報が溢れているから羨ましいのである。

通常、利益を得る方法というのは他人に教える事はない。
なぜなら自分の取り分が減るからだ。
せどりなんか分かりやすい。『これを転売すると儲かるよ。』なんて誰にも言わない。
(つまりそういう情報を見たら、もう使えないか嘘かの何れかである。)

しかし、私は教える。なぜなら、自分の取り分が減ることは無い。それどころか増える可能性の方が高いからだ。

というわけで、私からのメッセージをまとめると下3つである。

①知識、そして時間というのは凄まじい武器
②全力でインデックスor優良銘柄を買え。そして売るな
③愚直に繰り返せ

もちろん、やるやらないは個々の自由である

他に使いたい事もあるだろうし、それを差し引いても、年間何千ドルや1万ドルというのは簡単に出せる金額では無い。

ただ、『自分には無理だ』としか思えなかったような、金持ちへの道が目の前にあり
その道を選ぶことは誰でも簡単にできる、という事だけは知っておいても損はないだろう。

雑談
スポンサーリンク
いつきをフォローする
スポンサーリンク
米国ETF投資ログ

コメント