米国6月9日の状況

 まさか、昨日FANG銘柄を初めとしたテクノロジ株はどうかという記事を書いた翌日に、同銘柄群が大きく下げるとは思いませんでした。可能性が高いとは確かに思っていましたが、結果はもちろんただの偶然です。
 そんな中、大型テクノロジ株の中で唯一上げたのが、先日バフェットが1/3を売り、それに追従するかのように多くのバフェット信者が売り払ったIBM(IBM)だったというのは何とも皮肉な話です。
 もし今IBM(IBM)株を持っているのなら、個人的には売る必要は一切無いと思っています。なぜなら圧倒的なキャッシュを安定的に稼ぎ続けているからです。なおかつ、20年以上の連続増配銘柄で増配余地も十分すぎるほどあります。それを享受し続けてください。
 今同株を持っていないなら、150ドル以下(配当利回り4%以上)になったら迷わず買って良いでしょう。120ドル以下(配当利回り5%以上)になったら全財産突っ込んで良いです。幸か不幸かバフェットが上値を強烈に押さえているので、長期投資家ならその間に買い増すのも悪くないでしょう。

 さて、保有ETFは下記の通りです。このままの状況が続くと、月末の購入銘柄はVOOの方かな。

保有ETF評価額
VOO・・・$223.50 × 53株 = $11845.50 (年初来:+8.11%)
HDV・・・$84.92 × 140株 = $11888.80 (年初来:+2.59%)

市況
スポンサーリンク
いつきをフォローする
スポンサーリンク
米国ETF投資ログ

コメント