米国6月12日の状況

 だんだん景気後退の匂いも強くなってきました。この状況で(ほぼ確定視されていますが)利上げとなれば、もう景気後退は決定付けられるでしょう。
 そもそも共和党政権が発足した年の1年目というのはかなりの確率で株価が下落しています。もちろんただのアノマリーですが、少なくとも過去はそうでした。ニクソン、レーガン、ブッシュ(父子)、そしてトランプ(は、まだですが(笑))。理由は選挙前から政権に対する期待が高い=株価上昇のためです。
 次の大統領は何かやってくれるんじゃないか?という期待は、マーケットでは大きなハードルとなってしまいます。予想通りの出来でも結局株価が下がってしまうことも多々あります。ましてや予想以下の出来の場合は悲惨です。トランプに高い高いハードルを越える事は出来るのでしょうか・・・

 もっとも、私は株価が下がろうが上がろうがルール通り定期的に買い増していくだけです。その方が最後には資産を増大させる事ができるからです。皆さんも”牙”に噛みつかれないようには注意してください。

 さて、保有ETFは下記の通りです。VOOはおそらくもう伸びないので、HDVがどこまで踏ん張るかで投資先銘柄が決まりそうです。

保有ETF評価額
VOO・・・$223.41 × 53株 = $11840.73 (年初来:+8.06%)
HDV・・・$85.17 × 140株 = $11923.80 (年初来:+2.89%)
合計・・・・・・・・・・・・・・・ $23764.53 (年初来:+6.58%)

市況
スポンサーリンク
いつきをフォローする
スポンサーリンク
米国ETF投資ログ

コメント