米国6月15日の状況

 米国株は久々に大きく下げました。注目すべきはFANG銘柄を初めとしたテクノロジー株への空売りが増えている事です。特にアップル(AAPL)は、iPhoneの販売数にかなり依存しているので格好の標的です。
 バークシャー・ハサウェイ(BRK.A)はアップル(AAPL)を買いまくっていますが、私は同社の将来性には非常に懐疑的です。ファーウェイに負けるとすら思っています。
 なぜアップル(AAPL)買ったのか・・・バークシャーの比類無きパフォーマンスを維持しなければならないというプレッシャーだったのか、あるいは私の様な凡人には思いも付かなかった事象が見えているのか。
 とはいえ、私はVOOを持っているので、現時点で事実上$400分くらいはアップル(AAPL)を持っているわけなんですが(笑)

 さて、保有株は下記の通りです。相場が不安定になってくると、高配当株の集合体であるHDVが相対的に強くなります。久しぶりに同銘柄の構成株を見たらトップ10内には新しくメルク・アンド・カンパニー(MRK)が入っていました。

保有ETF評価額(最高値更新・・・☆印)
VOO・・・$223.81 × 53株 = $11861.93 (年初来:+8.26%)
HDV・・・$85.34 × 140株 = $11947.60 (年初来:+3.09%☆)
合計・・・・・・・・・・・・・・・ $23809.53 (年初来:+6.78%)

市況
スポンサーリンク
いつきをフォローする
スポンサーリンク
米国ETF投資ログ

コメント