米国6月16日の状況

 アマゾン(AMZN)が、ホール・フーズ・マーケット(WFM)を買収することを発表し小売業界の銘柄は軒並み大暴落です。百貨店や家電量販店が終わったように、小売業界ももう終わりとなってしまうのか。

 ところでホール・フーズ・マーケットはどのような企業なのでしょうか。
米国会社四季報には「ロハス志向のスーパーマーケットチェーン。価格帯高めながらこだわりのオーガニックや自然食品で拡大」と記載されています。
 日本で言えば成城石井のポジションでしょうか。つまり高級スーパーです。(地元に成城石井が無いので良くは知りませんが)そんなに狼狽売りする程か、というのが正直な感想です。中・低所得者層をメインの相手にした企業や、業界上位の企業、例えばウォルマート(WMT)の株主なら今後の業績が出るまでは持ち続けて良いでしょう。それから持ち株の売買をどうするか考えても十分です。その頃にはほとぼりが冷めている可能性の方が高いでしょうし。

 さて、保有ETFの状況は下記の通りです。ここに来てHDVが堅調です。今月末の買い増し銘柄はVOOになるでしょうけど・・・もっと早くドルを買っておけば良かった。

保有ETF評価額(最高値更新・・・☆印)
VOO・・・$223.87 × 53株 = $11865.11 (年初来:+8.29%)
HDV・・・$85.66 × 140株 = $11992.40 (年初来:+3.48%☆)
合計・・・・・・・・・・・・・・ $23857.51 (年初来:+6.91%☆)

市況
スポンサーリンク
いつきをフォローする
スポンサーリンク
米国ETF投資ログ

コメント