米国6月21日の状況

相場の下落に伴い、保有ETFも値を下げました。

私の保有ETFの一つであるHDVですが、同ETFの主力銘柄はエクソンモービル(XOM)です。今回はエクソンモービルについて注目してみましょう。

エクソンモービルはご存じの通り、スタンダードオイルを源流に持つ超巨大企業であり、同業他社と比較して保守的な経営方針で有名です。「王は地位を維持すれば良い」を地で行く企業です。
しかし、いくら保守的とはいえ、石油銘柄の宿命として原油価格への連動(原油価格が上がれば売上が増え、原油価格が下がれば売上が減る)は避けられません。最近は原油価格も軟調が続いており、当然エクソンモービル株も非常に軟調です。 これだけ相場が良い状況にあって、年初来高値よりも20%近くも安い値で推移しています。では、エクソンモービルの株価や原油価格は今後どうなるのか。

まず原油価格ですが、他の物品と同様に需要と供給で価格がきまります。要は「どれだけ採掘して、どれだけ欲しい人がいるか」です。近年では2015年に原油価格が大きく下げていますが、この時の理由が大量の採掘と米中の需要低下でした。
今後の供給はシェールガスを含め減速傾向、需要は微増です。つまり価格としては現状維持か微上げとなる可能性が高いです。
次に株価については、正直上がらない可能性の方が高いでしょう。でも長期投資ならそれで良いのです。株価が上がらないのも悪いことばかりではありません。なぜなら株価が安いということは(少なくとも配当が減らないという前提で)配当利回りが高い状態を維持しているという事です。同株は34年連続増配銘柄であり、配当利回りも3.7%近くあります。今後も高配当を吐き出し続けるでしょうし、今後米国全体の景気後退が色濃くなるにつれてこのような銘柄は輝きを増します。(しかも輝かなくても良いです。理由は上記と同じ。)

以上より結論としては、エクソンモービルは長期投資なら「今からでも買って良し、売る必要なし」、短期投資なら「見る必要なし」です。

さて、保有ETFの状況は下記の通りです。上記の通りどちらも大きく下げました。しかし、値動きがどうなろうともルール通り月末に買い増すのは以前にも書いた通りです。

保有ETF評価額(最高値更新・・・☆印)
VOO・・・$224.13 × 53株 = $11878.89 (年初来:+8.41)
HDV・・・$84.93 × 140株 = $11890.20 (年初来:+2.60)
合計・・・・・・・・・・・・・・ $23769.09 (年初来:+6.75)

にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ

市況
スポンサーリンク
いつきをフォローする
スポンサーリンク
米国ETF投資ログ

コメント