米国7月26日の状況_ボーイング空を飛ぶ




 NYダウは前日比+97.58ドルの21711.01ドルと大幅に上昇しました。ちなみに5営業日ぶりの最高値更新です。主要企業の決算内容が好感されたこと、FOMCにおいて事前の予想通り政策金利が据え置かれたことから、幅広い銘柄で買いが集まりました。しかし、バランスシート縮小に関しては新しい情報はありませんでした。(これも何だかんだで延期するでしょうけど)

ダウ構成銘柄の変動率上位は下記の通り。

■ダウ上昇率上位銘柄
ボーイング(BA) $233.45 +20.99(+9.88%)
コカコーラ(KO) $45.74 +0.50(+1.11%)
ベライゾン(VZ)   $44.40 +0.42(+0.95%)

■ダウ下落率上位銘柄
ナイキ(NKE)   $58.36 -1.03(-1.73%)
マクドナルド(MCD)  $156.51 -2.56(-1.61%)
シスコ(CSCO)  $31.66 -0.46(-1.43%)

 ベスト1位はぶっちぎりで、ボーイング(BA)でした。ダウ構成銘柄で10%近く上げたのは私がブログを初めてからは初かもしれません。ボーイングはご存じの通り世界最大の航空宇宙機器開発製造会社であり、アメリカでは唯一の大型航空旅客機メーカーです。同社の第2四半期の決算発表において営業キャッシュフローが約50億ドルと、予想の約25億ドルの2倍と発表された事から、株価は暴騰しました。
 2位のコカコーラ(KO)も好決算(1株利益0.59ドル(予想0.58ドル))の影響です。同社は、人々の健康志向から炭酸飲料の今後はどうかという意見も多いですが、ここ一番の底力はたいしたものです。健康に悪かろうと好きな人は飲むし、とりあえずビールならぬ、とりあえずコーラというポジションを確保しているのが強いです。
 そんなコーラとセット(?)とも言えるマクドナルド(MCD)はワースト2位に沈みました。同社は昨日5%近く上昇した反動でしょう。リーマンショックですら影響を殆ど受けなかった同社は、まだまだ圧倒的に強いです。

 

 最後に、保有ETFは下記の通りです。VOOは2営業日連続で最高値更新、HDVは久々に最高値更新をしました。VOOは幅広い銘柄が上昇したのに対して、HDVはAT&T(T)が5%も上げたのがききました。日本で言えばNTTに相当する企業なのにこれだけ上げる事があるんだなと正直驚きました。しかし、当たり前の用に最高値を更新し続ける指標というのは改めて心強いものです。
 
 

■保有ETF評価額(最高値更新・・・☆印)
VOO・・・$227.30 × 53株 = $12046.9 (年初来:+10.71%)☆
HDV・・・$83.63 × 161株 = $13464.43 (年初来:+1.68%)☆




にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ

市況
スポンサーリンク
いつきをフォローする
スポンサーリンク
米国ETF投資ログ

コメント