米国8月1日の状況




 NYダウは前日比+72.80ドルの21963.92ドルと上昇しました。これで、5営業日連続の最高値更新となりました。主要指標がこれだけ続伸するなんて日本じゃあり得ないだろうなと改めて思い知らされます。
 アジア・欧州株の全面高を米国株が引き継ぎ買いが先行しました。主要企業決算が好感されたほか、インフレ指標の一つである個人消費支出(PCE)の伸びが鈍化したことで、追加利上げ観測が後退し、終日堅調推移となりました。しかし、高値警戒感もあり上値は限られています。
 その他目立った銘柄としては、ソフトバンク傘下でもあるスプリント(S)は四半期ベースで3年ぶりとなる黒字決算となり、他社との合併観測もあることから+11.05%の大幅上昇、アンダーアーマー(UA)は通期見通しを引き下げた事により-8.59%の大幅下落、フォード(F)やゼネラル・モーターズ(GM)は7月新車販売台数が落ち込み軟調推移となりました。また、通常取引終了後に4-6月期決算を発表したアップル(AAPL)は、時間外取引で大幅高となりました。

 

ダウ構成銘柄の変動率上位は下記の通り。

■ダウ上昇率上位銘柄
インテル(INTC) $36.35 +0.88(+2.48%)
シェブロン(CVX) $110.78 +1.59(+1.46%)
JPモルガン(JPM) $93.03 +1.23(+1.34%)

■ダウ下落率上位銘柄
ボーイング(BA) $239.44 -3.02(-1.25%)
キャタピラー(CAT) $113.1 -0.85(-0.75%)
マクドナルド(MCD) $154.04 -1.10(-0.71%)

 決算結果を引き継ぐ形が多いです。ホーイング(BA)は事実上トランプ期待だけで3割ほど株価が上昇しているので、そろそろ危ないかなという節はあります。北朝鮮の動向によってはまだまだ伸びるかもしれませんが。マクドナルド(MCD)も最近調子が悪いです。

 

 最後に、保有ETFは下記の通りです。VOOもHDVも構成銘柄全体が穏やかに上昇しており、それに伴い微増でした。派手さはありませんが、のんびり出来て良い状態です。
 

■保有ETF評価額(最高値更新・・・☆印)
VOO・・・$227.15 × 53株 = $12038.95 (年初来:+10.64%)
HDV・・・$84.56 × 161株 = $13614.16 (年初来:+2.81%)




にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ

市況
スポンサーリンク
いつきをフォローする
スポンサーリンク
米国ETF投資ログ

コメント