米国8月15日の状況




 私のお盆休みも今日で終わります。基本的に家でダラダラして過ごしていました。これだけのんびりとできたのも久しぶりです。今日から相場の方もしっかりと見ていきます。

 さて、NYダウは前日比+5.28ドルの21998.99ドルと微上げして引けました。北朝鮮がグアムへのミサイル発射を見送ると発表したことから、全体的な買いでスタート、ただし高値警戒感が拭えなかったことから、最終的には微上げでおわりました。目立った銘柄としては、日本で人気のブランド、コーチ(COH)はケイト・スペード買収が業績を圧迫していることから-15.19%、好決算ではあったもののホーム・デポ(HD)も-2.65安となりました。
 

 
 
 上はコーチの1年間チャートです。200日移動平均線で何とか耐えたかなと言った様相です。株価としてはここが正念場でしょう。
 なお、同社株を買う要素は現時点では何もありません。まず儲かっておらず、EPSも減少傾向(これが致命的)。そして同ブランドファンの方には悪いですがコーチはブランドとして2流です。良く言えばコスパを重視したブランドですが、悪く言えば微妙なポジションです。シャネルやエルメスにはブランド力で勝てず、有象無象のメーカーには価格で勝てない。それが現実です。しかしそんなコーチが「何とか出来ないか」と探しに探した市場が日本です。同社の企業努力により日本では、特に若い女性の間で人気は高いですが、それが世界共通というワケではない事は知って置いた方がよいでしょう。

 

ダウ構成銘柄の変動率上位は下記の通り。

■ダウ上昇率上位銘柄
アメックス(AXP) $86.79 +1.32(+1.54%)
アップル(AAPL) $161.6 +1.75(+1.09%)
ボーイング(BA) $239.17 +2.02(+0.85%)

■ダウ下落率上位銘柄
ホームデポ(HD) $150.17 -4.09(-2.65%)
ナイキ(NKE) $58.56 -1.22(-2.04%)
ユナイテッドテクノロジーズ(UTX) $115.96 -1.19(-1.02%)




 
 ベスト1位、2位とバフェット銘柄が入りました。そういえばバークシャー(BRK.A)が四半期ごとのポートフォリオを公開しました。目立った動きとしては、GEを全株売却、航空会社持ち株減少くらいです。今まで全然見向きもしていなかったような銘柄を買いだしたみたいな動きはありません。
 ワーストには上にも書いた、ホームデポ(HD)が入りました。期待が高いと、好決算だからといって株価が上がるワケでは無い、という事をまた見せつけられた気分です。

 

 最後に、保有ETFは下記の通りです。北朝鮮関係のリスク後退によりVOOも+10%に回復しました。VOO(正確には評価額の低い方)の買い増し日も近づいてきたので、もうちょっと円高が継続してほしかったというのが本音です。

■保有ETF評価額(最高値更新・・・印)
VOO・・・$226.45 × 53株 = $12001.85 (年初来:+10.30%)
HDV・・・$84.53 × 161株 = $13609.33 (年初来:+2.77%)

Twitterはじめました。




にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ

市況
スポンサーリンク
いつきをフォローする
スポンサーリンク
米国ETF投資ログ

コメント