米国10月23日の状況_QCOM分析他

■利確売り

 ダウ  23,273.96・・・-54.67(-0.23%)
 ナスダック 6,586.83・・・-42.23(-0.64%)
 S&P500 2,564.98・・・-10.23(-0.40%)

 日欧の相場を引き継ぐ形で取引序盤のダウは上昇しました。一時は前週末比39.74ドル高の23,368.37ドルまで値を上げ、取引時間中の史上最高値を更新しましたが、上昇ペースの早さへの警戒感から上値は重く、午後に入るとマイナス圏に沈みました。

 同日に目立った銘柄としては、クアルコム(QCOM)が+2.63%ウォルマート(WMT)+1.38%、インテル(INTC)が+0.99%、フェイスブック(FB)が-2.12%、ゼネラルエレクトリック(GE)が-6.34%等がありました。

 GEは決算発表で大幅な減収減益であったこと、大手金融機関による目標株価の引き下げが相次いだ事から大きく沈みました。個人投資家で注目している人も多いかと思いますが、割安である事以外に秀でた点が見つけられなければ触らない方が良いでしょう。
 
 
■スマホの心臓、QCOM

 上はクアルコムの過去1年間チャートです。同社は移動体通信技術の世界最大手メーカであり、スマホ用半導体(SoC)においても圧倒的なマーケットシェアを持つメーカです。Snapdragon(スナップドラゴン)は同社が設計したSoCです。シェアで言えば、60%が同社、15%がアップル、10%がメディアテック(台湾企業)、5%がサムスン、残りがその他となっています。
 ファブレス(自社工場を持っていない)メーカであり、半導体のライセンス収入と特許収入が二本柱となっています。

 最近はアップルから訴えられており、情勢はまだまだ流動的ですが、果たして投資という観点で見るとどうでしょうか。万が一敗訴となっても、引き続き購入に値する銘柄なのでしょうか。それもと・・・
 
  
(単位:百万USD)

 スマホ市場(利用者数)の増大に合わせて、同社の売上もうなぎ登りでしたが、ここ数年はスマホ市場の停滞(要は利用者数が以前ほど伸びていない)に合わせて、売上も停滞気味とある意味分かりやすい動きです。
 とはいえ、EPSは割と順調で有り、大きな問題はありません。
 
 
(単位:百万USD)

 さすが、ファブレスメーカです。工場を持っていないので設備投資が少なくて済んでいることと、ライセンス収入も多いことから、非常にキャッシュリッチ企業であることが見て取れます。
 
 
(単位:USD)

 最後に株主還元については、毎年順調に配当金を増やしています。また配当性向も50%程度とまだまだ増配余地はあります。
 また、アップルの訴訟の関係で株価が低く抑えられている事もあり利回りは非常に高く約4.4%、連続増配は15年となっています。
 
 
 以上よりまとめると、殆ど設備投資を行う必要がなく、ライセンス収入、特許収入が莫大に入ってくるという理想的なビジネスモデルです。
 とはいえ、今後も安定的に増加するか否かは、スマホの普及の勢い、あるいはスマホの”次”にどれだけ食い込めるか次第です。さらに上記の通りアップルから訴えられている関係で最悪ライセンス収入が細る可能性はあります。(あくまで最悪ですが)
 
 というワケで同社のオススメ度は「中の上」です。ハイテク銘柄の中では珍しいオススメ銘柄です。訴訟云々はありますが、キャッシュで見れば相当安定した企業であり、今後も株主還元(≒連続増配)が続いていく可能性が極めて高いと思われます。
 
 
Twitterやっています。

にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ

市況
スポンサーリンク
いつきをフォローする
スポンサーリンク
米国ETF投資ログ

コメント

  1. […]  まず、31日にマスターカード。先週のビザ(V)が良い結果だったことから、こちらも期待出来ます。  1日はクラフトハインツ。ご存じバークシャー(BRK.B)の最大の投資先です。昨今の株価が非常に低迷しているので、それを反転できるか、或いはトドメの一撃になるかが見所です。  他クアルコムについては先日当ブログでも分析を行ったばかりですが、訴訟の経営的な影響が分かる結果になるでしょう。  2日は時価総額最大のアップルの決算発表があり、新iPhone(iPhone8及び同X)待ちの買い控えがどの程度あったのかが結果を左右します。       Twitterやっています。 Follow @itsuki_33 !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'); […]