19年2月25日週まとめ

最近、FX熱が再燃しそうで困っている。

いつきです。

昔、それこそ10年くらい前にFXをやっていた。

大学時代にBNFやCisを初めとするデイトレーダを見て

「サラリーマン(今風に言えば”社畜”)なんて仮の姿。私も30前には専業投資家としてデビューするんだ!!」

と鼻息を荒くしていたものの、結論から言えば、新卒後1年間必死に貯めた資金の殆どをそれから数ヶ月後に某銘柄により失った。

そんな私が、なけなしの資産をかき集めて、再起の狼煙をあげたのがFXだった。

当時は金融庁の規制も薄く、スプレッド拡大やスリッページは当たり前、業者にとって都合の悪い決済は無かったことにするなど業者のやりたい放題、レバレッジも100倍が普通、高い所で数百倍という無茶苦茶だった。
勿論当たれば一日で億だが、その下には何千・何万の屍が積み重なっているのを地で行く状況であった。

しかし、他に選択肢、というか資金の無かった私は「レバレッジも低くして、スワップ狙いなら大丈夫ではないか。」との思いからはじめる事にした。

これが2008年の8~9月の出来事だったので、FX口座開設の翌週に何が起きて、どうなったかというのは読者の想像通りである。

後から見れば、事実は小説よりも奇なりというか、出来過ぎたバラエティであるが
当時の私は泣くに泣けなかった。何しろ給与振込口座残高の約2万円が私の全財産となってしまったからだ。社会人2年目にして全財産2万円である。

というか、当時は何が起きたのか分からなかった、もっと恐ろしい物の片鱗を味わっただけというのが事実だったが。

そんな痛い目を見ただけ私がなぜFX熱が再燃したかというと
ふと「最近のFX界隈はどうなっているのだろうか」とFX業者のまとめサイトを見たからだ。

これがいけなかった。

(今、ドル円のスプレッドって0.3銭が普通なのかよ)
(スリッページ無しを謳っている業者まであるのか)
(昔はこういう自動売買ツールってなかったよな)
(ドルも金利が上がってきているからドル円のスワップだけでも相当だな・・・)

・・・はい、SBI FXに口座開設申込をしてしまいました。



■今週の市況(S&P500)

順調に推移しています。

問題山積みとはいえ、米中貿易摩擦の落としどころが見えてきたことから、再びリスクオンムードとなりました。

■現在の資産残高

VOO・・・$23,204.70(先週:$23,094.90、先週比:+$109.80)

HDV・・・$24,324.08(先週:$22,387.59、先週比:+$1,936.49)

合計・・・$47,528.78(先週:$45,458.49、先週比:+$2,049.29)

先月末日に予定通り、評価額の低い方であったHDVを19株追加購入しました
仮に追加購入が無かったとしても先週比プラスにはなっているので順調と言えるでしょう。



■今週気になったニュース等

米朝交渉決裂

会談をやったことに意義がある、と言ってしまえばそれまでだが
今回は珍しく金正恩の不手際が目立ったという印象がある。
北朝鮮が苦しいという事実はみんな知っているが、それを事実上公表してしまったのが何よりの失敗だったなと。

日本にとっては、プラスではないものの、マイナスにならなかったという意味においては”勝ち”と言えるだろう。

■今週買った本等

東芝LEDシーリングライト LEDH82719X-LC

実は先週、以前まで使用していた照明(昔ながらの部屋の中央でつり下げて、スイッチは紐を引っ張るタイプ)が壊れてしまい、LEDシーリングライトに代えることとした。

思えば、大学入学時に一人暮らしをするという事で購入した物なので、かれこれ1X年も使っていたことになる。(ちなみに同タイミングで購入した物の内、冷蔵庫と電子レンジは今でも使っている)

当時から出不精の引き籠もりだったので、昼間でもカーテン閉めっぱなしで1日中点けていることはザラだった。
そんな過酷な使用状況にしては長く持ってくれたといえるのではないだろうか。

今までありがとう。

さて、新しいシーリングライトであるが、最新の機種でもないし、さして安いわけでも無い(寧ろ高い)にも関わらず、何故これを買ったのかと言えば、赤とか青とか、一般的な昼白色や電球色以外の色を出せるからである。

なんだそんな事のためにカネを使ったのかよ、と思うかもしれないが、光の色というのは人体に大きな影響を与えることが分かっている。

朝はこれ、昼はこれ、夕方はこれ、夜はこれにすると良い色というのがある。

正直「これは普通の照明とは違うぞ」と思える程かどうかまでは分からないが、特記事項があればまたブログに書いていきたいと思う。

市況 書籍 雑談
スポンサーリンク
いつきをフォローする
スポンサーリンク
米国ETF投資ログ

コメント