19年3月4日週まとめ

FX口座を久々に開設したものの、開設してから入金するカネが無い事に気付いた。

いつきです。

先週、当ブログで書いた通り、SBI FXに口座を開設した。

が、入金する資金がそもそも無いのでトレードはしていない。それだけに、実際のスリッページ等の状況は分からないがツールは(大昔に比べると)使いやすく、あらゆる所で進歩が見られた。

しかし、今はレバレッジ上限が相当下がっていることもあり、昔みたいな荒々しい夢を描ける所でもないんだなと、一抹の寂しさを覚えたのも事実だ。



■今週の市況(S&P500)

先週、先々週とうって変わって、5日連続の続落。
雇用統計の数字が悪かったためである。

他、個別株では、タバコ規制を強力に進めていたスコット・ゴットリーブFDA長官が辞任するとの報道からタバコ株全般が大幅に上昇した。以前、当ブログやツイッターにおいて「BTI(ブリティッシュアメリカンタバコ)株を購入しても良いのでは。自己責任で」、と書いたことがあったが、あれから20%くらい株価は上昇した。

「偶然当たっただけだろ」と言われればそれまでだが、相当自信があったのも事実である。

とはいえ、タバコ株の宿命として、ニュースに翻弄されて株価が上がれば下がるし、下がれば上がる。即ち今回の上げも下げの序章にすぎない可能性が高い。配当金さえ出し続けてくれればそれで良いが。

しかし、家族との時間を大切にしたいとの理由から、辞任の道を選ぶとは、お国柄だなあと。

■現在の資産残高

VOO・・・$22,710.60(先週:$23,204.70、先週比:-$494.10)

HDV・・・$24,007.06(先週:$24,324.08、先週比:-$317.02)

合計・・・$46,717.66(先週:$47,528.78、先週比:-$811.12)

指数下落に伴い、評価額も下がりました。



■今週気になったニュース等

世界最年少のたたき上げビリオネア誕生ー21歳カイリー・ジェンナー氏

要約すると
21歳女性が資産10.2億ドル。たたき上げ(※後述)では史上最年少ビリオネア達成。

たたき上げの定義云々(ブルームバーグではたたき上げの定義を、『遺産相続や婚姻によるものではないこと』と定義している。即ち、大金持ちの家に生まれただけなら、親族からどれだけのバックアップがあろうともたたき上げの範疇である)はおいておいて、最初に思ったのが、

ああ、新世界のビリオネアってこういう稼ぎ方なんだな

同社を支えているものは、1.2億人を超えるインスタグラムのフォロワー(≒同社製品や彼女のファン)である。仮にフォロワーのうちたった1%の人間が月100ドル使えばそれだけで年間14億ドルの売上である。

化粧品は利益率が極めて高い商品なので、最早笑いが止まらないだろう。

一昔前なら、広告代理店経由で大規模なキャンペーンや企画をやって・・・とかやっていたんだろうけど、今は無料のプラットフォームでここまでできるんだな、と(どうやってこれだけフォロワーを集められたのかは知らないが)

次に思ったのが、言うまでも無く

金持ちの家に生まれるというのが最強なんだという身も蓋もない現実(笑)

金持ちになるためには、金持ちにならなければならない、ということか。



■今週買った本等

シンプルな勉強法

私はクイズ番組(というか雑学)が好きである。

実は、高校生クイズにも出たことがあるし、他クイズ番組の予選会(テレビでは全く触れられもしない物)も含めれば参加したものが幾つもある。

今はテレビを持っていないので、当然クイズ番組を全く見ていないが、先日youtubeで偶然頭脳王なるクイズ番組がアップされており、(本当はダメなんだろうけど)最近のクイズはどんなものかと視聴することにした。

結論から言えば、その優勝者がとんでもないレベルであり度肝を抜かれた。

視聴者置いてきぼりだろ、とか「凄い」しか言えないゲスト芸能人いらんだろ、とか思う事は色々あったが。で、その優勝者の著書がこれである。

読み始めて最初に思ったのが、構成かシンプルで極めて分かりやすいという事だった。目次の段階でほぼ書いてある事が分かり、この時点で相当な頭の良さが伺い知れた。

ただ、本書の最初の方にも書いてあるが、奇を衒った勉強法は(掲載されて)無い。

残念ながら私が本書を読んだ感想は、
良い意味では、普通の勉強法で良かったんだ、という希望
悪い意味では、天才は方法論に頼らなくても良いんだ、という絶望

例えるのなら、マラソンの勝ち方で誰もやっていないような戦略があるのを期待していたら、単純に誰よりも足が速かっただけである、という事実を知ってしまったのと同じ気分だ。

結局、私もアホ面した芸人同様「凄い」という事しか言えなかった。

あと、1000時間勉強して年収が100万上がるのなら時給4万円と同じ、というくだりがあったが、高校に入学した初日に当時の担任が時給10万円のバイト(要は東大や医学科に行けば生涯所得がそれ以外とは億単位で違うから、兎角勉強しろという話)の話をしていたのを思い出した。

実際問題として、事実上お金と関わりの無い生活を送っている高校生に、この発言をリアルに理解するのは難しいだろうけど、”賢い”子は理解して、そうしていたんだろうな。

ちなみに著者はyoutuberみたいな事もやっているようである。最近、東大生(OB・OG)のyoutuberって増えたよなあ。

実はカネになることが分かって、東大生がテレビ局に殺到するようになった一昔前の状況をみているような気分だ。

市況 書籍 雑談
スポンサーリンク
いつきをフォローする
スポンサーリンク
米国ETF投資ログ

コメント