20年9月第2週運用成績

「パフォーマンスが上がっているから」と言われたら反論しようもない

いつきです。

私の数少ない趣味のうちの一つに自作パソコンがある。

詳しくない人のために、説明すると、要はパソコンのパーツを必要に応じて個々に買ってきて組み立てるというものだ。組み立てと言っても、殆どは型にはめ込むだけなので、ドライバーの出番すらほとんどなければ、ましてやハンダを使う作業など全く無い。

元々、父親が自作パソコンユーザであり、父親から私用のパソコンにと貰ったのが最初だ。スペックはCPUはペンティアムⅢの500MHz、メモリは32MB(もちろんGBではない)、HDDは20GBだったかな。
1990年代後半(もう2000年になってたかな?)の話。

さて、そんなパソコンのパーツの中にGPUというものがある。一般的にはゲーム等での画像処理を専門に行うパーツであるが、これの最新版が近々出ることになっている。

で、気になるのがこのGPUの金額で、最上位モデルが1,399ドル(229,800円(※誤字ではない))もし、少なくとも私にとっては、おいそれと手を出せる金額ではない。

もちろんこれより高いパーツもあるにはある。が、昔のGPUは最上位モデルでも5万も出せば「奮発したな」という体であったが、気がついたら上記の状況だ。日本ではインフレが無いから、で片付けられる上昇っぷりではない。
とはいえ、昔の何十倍、何百倍の性能になっているわけで、それに合わせて金額も上げていますと言われたら、ユーザーからすると反論のしようもない。

まあ、私は文句を言いつつも、しばらくしたら2番目のモデル699ドル(109,800円(※誤字ではない))を買っているんだろうな、と

ちなみにGPUを製造販売を行っている2大メーカーはNVIDIA(エヌビディア)とAMD(エーエムディー)と言い、どちらもNASDAQ上場銘柄である。

■資産残高(単位:$)
  現在・・・・・55,804.36(先週比:-735.64)
  年初・・・・・59,861.38
  年内最高値・・62,078.07(2/21)
  年内最安値・・45,226.41(3/20)

今週もジワジワと減少した1週間だった。

市況
スポンサーリンク
いつきをフォローする
スポンサーリンク
米国ETF投資ログ

コメント