20年11月_第2週運用成績

知らないうちに進化していたんだな

いつきです。

小学生の頃は趣味を聞かれたら、テレビゲームと答えていた。

とはいえ、相当の時間を割いていたにも関わらず、実際のところ、そこまで好きじゃなかった。
ただ、余暇時間をどう使ってよいのか分からなかったこと、それ以外に楽しいことを知らなかったこと、友達が居なかったこと、から消去法でそこにたどり着いただけだ。

しかし、中2か3になったくらいから、あれだけ時間を割いていたテレビゲームも全くやらなくなり、最近までは特に流行り等を調べる気も無かった。
理由としては、インターネットが我が家に導入され、テレビゲームより楽しかったので、上記時間が丸々インターネットへと移行したためだ。同じ理由により、このタイミングでテレビも見なくなった。

さて、そんな完全に家庭用のゲーム機から離れていたが、最近Nintendo Switchに続いて、PS5が転売屋によって入手しにくいというニュースを見て、最近のゲーム機界隈はどうなっているのだろうかと興味を持った。

(少し古いが)ソーシャルゲームにお株を奪われたり、私みたいに他の事に興味を持って移行してしまった人も多いようなイメージがあったので、あまり期待は出来ないなと思っていた。

しかし、実際調べてみると、各社特色を活かした仕組みを作っているなと感心した。
特にSwitchは家族(幅広い年齢層)で楽しめるように様々な工夫がされており、これが任天堂の強さなんだなと思った。売上も激増し、株価もガンガン上がっているわけだ。
(任天堂の株価が9,000円(1単元90万円)くらいの頃に断腸の思いで買ったことがあったが、今は55,000円(同550万円)か(笑))

ちなみに一番驚いたのは(ゲームやっている人にとっては当たり前だろうが)HDMIゲーブルやSSD、SDカードが使用できることであった。最早PCと変わらんな、と。
大学時代に「XboxはWindowsと同じ壊れ方をする」と言っていた奴がいた事を思いだした。

これなら、Switchが普通に買えるようになったら、パソコンモニタでゲームをするのもありかな。桃太郎電鉄のシリーズ最新作が出るのは楽しみでもある。

■資産残高(単位:$)
  現在・・・・・60,531.57(先週比:+2,788.19)
  年初・・・・・59,861.38
  年内最高値・・62,078.07(2/21)
  年内最安値・・45,226.41(3/20)

引き続き、上げ続けている。
一時期は無理だと思っていたが、年初の評価額をようやく超える事ができた。

思えば、3月のコロナショックにより一瞬で30%くらい評価額が減ったが、その後も耐えているうちになんとかスタートラインまで戻ってこれた格好だ。(もちろん3月から数えれば約8,000ドル追加購入しているから、68,000ドルくらいまで持って行けて、はじめて本当のスタートラインなのだが(笑))
VOO(バンガード・S&P500 ETF)に一点買いだったら、もっとパフォーマンスが良かったかと思うと複雑な気分でもある。

何にせよ、米国株というのは長期間市場に居る(ポジションを持ち続ける)ことが何より大切なのだと改めて感じだ週間であった。

市況
スポンサーリンク
いつきをフォローする
スポンサーリンク
米国ETF投資ログ

コメント