20年12月_第2週運用成績

Nintendo Switchを買った

いつきです。

以前、当ブログでも、「普通に買えるようなったら買うかも」と書いたが、ついに買ってしまった。実に20年ぶり、プレステ2以来のコンシューマゲーム機である。ちなみにソフトは、最近流行りの桃太郎電鉄

私の桃鉄シリーズ(ちなみに桃鉄Ⅲ)との出会いは小学生の頃である。

当時同じクラスだった知人の家でプレイしたのだが、それがあまりにも面白くて、かつ12月上旬だったということもあり、その年のクリスマスプレゼントはそれを強請った。

で、手に入れてからというものは相当やり込んだものだった。

今でもそうだが、私は興味あるものを徹底的に調べ尽くすタイプなので、物件は当然、青・赤・黄マスやカード駅等含む全駅の配置や、各種イベントの発生確率等をすべて把握していた。
(サイコロを複数個振った時の出目の合計の確率は中学数学の範囲ではあるが、小4か5で誰かからやり方を習うわけでもなく、自分で計算方法を考えて算出していたわけだから、興味関心というのは凄い学習効果を生むんだなと改めて思う)
結果、ソフトを自分で購入してからは周りの連中に負けたことは一度もなかった(もちろん周りも小学生なので程度自体はたいしたことないが)

そんな記憶があったので、新桃鉄もそれなりに楽しめるだろうと思い、迷わず購入に至った。

しかし実際の所、10年を2,3回と100年を1回やったけど、正直飽きた。
昔はもっと楽しいゲームだったと思ったんだが、加齢による嗜好の変化か何かは分からないが、当時ほど楽しめない自分に対してある意味ショックを受けた。

では、代わりに何をやっているのかというと、
Nintendo Switch Onlineという月額200円(年払いの場合)払うと使える有料オンラインサービスがあるのだが、その中にある「スーパーマリオ35」と「テトリス99」をやっている。

これが面白くて、正直ソフト買う必要なかったなと(笑)
ちなみに、マリオは幼稚園児の頃からやっていただけにそこそこ強い方だと思うが、テトリスはこの年になって始めてプレイしたこともあり一向にうまくならない。
マリオは生誕35周年の特別企画であることから、来年3月末までの期間限定らしいが、ゲームの完成度や盛り上がり具合を考えるともったいないなというのが正直な感想である。

しかし、オンライン対応とはいえ中身はファミコン時代のそれなので、私の年代だと懐かしさと楽しさが分かるが、生まれたときから3DCGゲームが当たり前だった若い子の世代だとそこまで面白いものなんだろうか?とも思う。

■資産残高(単位:$)
  現在・・・・・62,894.72(先週比:-13.21)
  年初・・・・・59,861.38
  年内最高値・・62,907.93(12/4)
  年内最安値・・45,226.41(3/20)
  
微減。
とはいえ、過去最高付近なので問題は無い。

今年のNISAの残りが数万円と微妙なこと、かつ月末は翌年の約定扱いであることから、12月は変則的な購入になる。何にせよ、合計購入額が1,000ドル未満になることはないが。

市況
スポンサーリンク
いつきをフォローする
スポンサーリンク
米国ETF投資ログ

コメント