21年1月_第2週運用成績

■やはり米国ETFでいく

いつきです。

前回アップした記事には「個別株に投資するか悩んでいる」と書いたが、正月休みのうちに考えた結果、個別株はやらないこととした。
つまり、今まで同様に米国ETFのみを対象に購入していく。

そもそも、個別株投資の検討理由は、『アーリーリタイヤの早期化』だ

それを踏まえた上で、上記結論に至った理由としては、年1.2万ドル程度の追加資金では、『テスラ(TSLA)級の株を初期で掴む』程のことをしなければアーリーリタイヤの早期化に寄与できるわけではないという事だ。
そして、仮にそうで無い株(当然だが、たいていコチラだ)だったら、従前のETFの積み立て機会を完全に損失するだけに終わる。

他、『ETFは今まで通りの金額及び頻度で続けて、それプラスαで個別銘柄を』とも考えたが
これだと機会損失というデメリットはなくなるものの、メリットは上記よりもさらに薄まる(投資信託積立を辞めたとしても年3~4,000ドルくらいが限界)だけなので辞めた。

あれこれ言い訳をしたが、要は安全策をとっただけの話だ

■資産残高(単位:$)
  現在・・・・・65,446.87(先週比:+706.57)
  年初・・・・・64,740.30
  年内最高値・・65,446.87(1/8) ※更新
  年内最安値・・64,740.30(1/1)
  
  年間パフォーマンス・・・+2.97%(修正ディーツ法による)
  
年初から極めて強い、という感想しかない。コロナも米国議会も惨憺たる状況だが、何があっても買う人が多ければ上がるということなのだろう。

個人的にはVIXが20代前半程度で止まっているのが気になる。 20は”正常”の範疇であるから心配する必要は無いが、コロナ以前が10代前半であったわけだから、現在の相場の強さも『何も心配しなくて良い』と言えるほど盤石では無いのではないかと思ってる。

市況
スポンサーリンク
いつきをフォローする
スポンサーリンク
米国ETF投資ログ

コメント