2017年7月運用成績




 遅くなってしまいましたが、7月の運用成績は上記の通りでした。(昨年末のポートフォリオ金額については不明なため記載省略)
 7月は、マーケット全体が割と順調だったのではないでしょうか。企業の好決算が続き、それに伴って主要指数も上昇するという好循環がみられます。私のポートフォリオについても、追加入金無しの月で+1.85%と良かったです。しかし、ダウもS&P500も今年に入って10%以上も上昇しているというのは、ちょっと調子が良すぎるかなという気がします。

 

■7月の思い出は?
 
 うーん、思い出というには最近過ぎるけど、やはり「ニコチン規制」ですね。
 普段あまり他人のブログを読まないのですが、今回の事案についてどう思っているのかが気になり、珍しく多くの人のブログを読んでみました。タバコ株の今後の扱いについて、ちゃんと集計したわけではありませんが、目測で「買い派」と「静観派」と「売り派」で1:2:1くらいと言った所でした。私は先日書いた通り「買い派」です。日本株と違い最後は報われる(はずである)ためか、長期投資派が多いためかは分かりませんが、みんな結構冷静だなというのが第一印象でした。日本株とは違い「もうアメリカ株は終わりである」なんて人はいなくて良かった。
 他、当然ですが私には無い視点も多数あり、色々な物の見方や分析があるんだなと思いました。ただ、AIが原因と思われるフィリップモリス(PM)の売りについて言及したブログは(私が見た限りは)無かったので、私のブログを見て「そういえばそうだな」と思う人が居たら嬉しいです。(当日は気づきませんでしたが、今になって思えば「ニコチン規制は他国にも波及するのでは」という先回りの売りだったのかもしれませんが。)
 ちなみに私はタバコ株は好きですがタバコは大嫌いなので、フィリップモリスがどんな銘柄のタバコを売っているのか知らないくらいです(笑)
 
■来月の方針は?
 
 8月は買い増しの月、しかもVOOを買う事がほぼほぼ決まっているので、方針という程の物はないですね。以前よりも円高方向に振れているので多く買えれば良いというくらい。それすらも運任せですが。




にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ

実績
スポンサーリンク
いつきをフォローする
スポンサーリンク
米国ETF投資ログ

コメント