2017年11月運用成績

■11月の運用成績

いつ落ちるのかと思い続けていましたが、ことごとく外れたまま11月も終わってしましました。

金額では30,000ドルをようやく越えました。
客観的に見れば小さな金額ですが、貧乏リーマンである私からすれば手取り年収に匹敵する一財産です。今後も少しずつでしょうけど、着実に大きくしていきたいものです。

パフォーマンスでは、11月は購入月ではありませんでしたので、1ヶ月放置状態での増減です。
そのような状況であり、超保守的な運用であるにも関わらず、ポートフォリオは3.40%(年率換算:49.3%)上昇しましたので、相当良い結果だったと言えるでしょう。
個別銘柄を見てみると、HDVが反発しています。AT&T(T)やベライゾン(VZ)がネットワーク中立性廃止の関係で大きく伸びたのが効きました。




■11月の思い出は?

うーん
米国株では無いですが、ビットコインをはじめとした仮想通貨の乱高下ですね。

特にネット上では(そもそもがネット上の通貨なので親和性は極めて高いですが)「今買わない奴はバカ」みたいな論調も多いです。
そのような言動をリアルタイムで目の当たりにしたのは事実上初めてですが、「あ、これはいつか来た道なんだろうな。」と思わずには居られません。

ちなみに、私はビットコイン(仮想通貨)に対して懐疑的です。

理由の詳細は割愛しますが、ビットコインの構造上非常にマズい爆弾を抱えている(要は確実に破綻すると思っている)ので投資する事はありません。
(興味のある人は論文を読んでみてください。「ビットコイン 論文」で検索すれば日本語訳も出てきます。)

■今月の方針は?

12月は今年最後の追加購入の月です。
ルール通り買うだけなので、おそらくVOOを買うだけですが。
市況に関しては、もう年内暴落は無いかなあというのが正直な所です。あるとしたら、米国法人税減税が可決されたタイミングでしょう。

Twitterやっています。

にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ

実績
スポンサーリンク
いつきをフォローする
スポンサーリンク
米国ETF投資ログ

コメント