2017年12月運用成績

■12月の運用成績

今年1年間も無事に終わりました。

12月は偶数月という事で、追加購入の月でした。それを差し引いても、プラスで終えられたので良かったです。

年間で見れば、ダウが+25%、S&P500が+19%と相当相場が強いと言える年でした。米国株投資家からしたら、これに負けず劣らずのパフォーマンスだった方も多いのではないでしょうか。私個人で言えば、昨年末のポートフォリオ資金が不明なので正確ではないですが、S&P500にはやや劣後するパフォーマンスであるかと思います。(HDVが足を引っ張ったため)

■12月の思い出は?

実は、ブログ更新が空いた理由とも重なるのですが、長期間入院しており最近退院したばかりでした。なので、12月の思い出といえば病院のカーテンと天井と病院食しかありません。今でも本調子ではないので、本業も休みがち(もう年末年始休暇ですが)、それ以外は殆ど寝て過ごしています。そんな状況であり、外の情報は待合室のテレビのみという日がかなり長期に続きましたが、不思議と米国株は大丈夫だろうという自信だけはありました。完全ネット断ちで病院に籠もっていても、リーマンショック級の経済危機や米朝戦争が勃発すれば、私の耳にも届きます。それが無いから大丈夫だろうと。逆に言えば、そんな状況にならなければ、安泰な訳です。規模では全然及ばないとは言え、経済的自由ってこういう気持ちなんだろうなと思った次第です。ちなみに、入院中にツイッターのフォロワー数が、何もしていなかったのに50人くらい増えていて驚きました。もし、ブログ更新を期待している方がいましたらすみませんでした。(今後も暫くは更新頻度も低いかと思いますが)

■来月(来年)の方針は?

減税の次の年というのは、大抵株価が下落しています。それを鑑みれば2018年の相場は若干不安な所もあります。とはいえ、米国株を定期的に買い続けるという方針は当然変わりません。あとは何とか入金金額を増額出来ないかとは思っているのですが。

Twitterやっています。

にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ

実績
スポンサーリンク
いつきをフォローする
スポンサーリンク
米国ETF投資ログ

コメント